元来その日の釣果を発表すべく始めましたが、釣り情報の交換の場・交流が図れる呼びかけ・内容にしていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はカートッパーとして、一人でマイボートを積み込める様になった方法について説明します。10年前の購入時には一人でも積み込み可能ということでこのボートに決めたのですが、48kgも重量があると実際には無理でした。そのため、長年、相棒との休めが合う時にしか出せなかったのです。しかし、昨年、購入した販売店からのアドバイスでこの方法を知って、一人積み込みを可能にしてくれました。  モデルがいなかったので、人が映っていませんが想像で理解してください。そして、この方法で一人でも多くの方の参考になれば幸いです。
積み込み① 後部キャリアバーとトランサムのアイをロープでつなぎます。車にボートを立てかけます。トランサムを手前に引くようにしながら、テコの原理を利用し持ち上げます。(実際には脚立の変わりに手で持ち上げた状態です。)
マイボートの積み方1    マイボートの積み方2

積み込み② 後方のキャリアバー中央にロープがかかっている状態です。
マイボートの積み方3    マイボートの積み方5

積み込み③ 持ち上げて、船体が車に乗ったところです。
マイボートの積み方4

積み込み④ 後部バーには、左右の脱落防止のためL型ステー(ステンレス製)とスムーズにバーの上を滑らすためにすべるレールを左右にそれぞれ取り付けています。
マイボートの積み方6

走行時の滑り防止にゴムをはさみます。
マイボートの積み方7   
船体止めベルトで固定して完了です。
マイボートの積み方8

積み込み⑤ 積み込み完了
マイボートの積み方9  マイボートの積み方10  マイボートの積み方11

スポンサーサイト
7/28日に大丹生から、ボートを出してアジ狙いでしたが、今日の釣果はアジ2匹、チャリコ2匹にヒイラギ3匹の情けない結果でした。ボートを着けた時には魚探に映っていた、いっぱいの魚が仕掛けを投入したとたんにパッといなくなりました。しばらく粘ってみるもののアジが1匹釣れただけで全く何も釣れず、仕方なしに場所を変えました。そこで、アンカーを降ろしていたら、途中で切断されたロープに気づくのが遅れ、あぁ~という間に錨は海の底へ。なんと運が悪い日なのかとため息をつきながら、帰るのにはもったいないと再度、始めの場所で釣り始め、ヒイラギを釣りました。この魚を釣るのはもう、何年ぶりだろうかと考えると、とても懐かしくて思わず、記念のスナップを撮りました。
7/24日の釣果1

知人から得た情報で貝取りに行ってきました。なんと、1000円(駐車代込み)で素もぐりならサザエ取り放題! 今日は2時間だけの潜りでしたが、全部で30個取りました。
 7/24日のサザエ1

7m以上は潜りますが、このサイズ(通常直径6cmが8cm)が6/30個取れました。
7/24日のサザエ2

しかし、秘密の場所との事で詳しい情報は公開できません。あしからず
大丹生から出て、又、アジ狙いでしたが、今日は良く雨が降り、船に溜まった水を何度も汲み出しました。一投目から25cmクラスの大きなアジが…強い引きに慌てて糸を巻くとアジの口元で切れて何度かバラシしてしまいました。昼過ぎに嬉しい土産のヒラメをゲット!前回までアンカリングに悩まされていましたが、今日は最初に使用していた綿ロープに交換してやっと本来の錨の利きを取り戻しました。
6月にビニロンロープを使用しだしてから、錨の利きの悪さに悩んでいたのですが、やっと原因が分かりました。元々、重さ2.3kg程度のアンカーで11フィートのマイボートは充分、流されませんでした。ところが耐久性のメリットで綿からビニロンに変えてからは流されてばかりでした。比重が綿の方が少し重いのと、綿は水を吸うのでロープそのものが重みを持って錨を効かせるのに役立っているという事を改めて実感しました。
7月12日の釣果1

7月7日は成生漁港より出船 今日もアンカリングに悩まされた、効いたかと思えば今度は錨が揚がらず往生した。釣果の方も餌取りの小魚ばかりでアジも釣れずだった。仕方ないので、せめて自分の釣りポーズを投稿しようとセルフタイマーで何枚かシャッターをきった。
7月7日の釣果1

結局、撮影後の午後1時30分から当たりがあり、アマダイ・ウマズラ・ホウボウ(?)の釣果でした。
7月7日の釣果2

今年は雨がよく降る梅雨なので、行く機会を伺っていました。7月5日に久しぶりに大丹生から出して、アジ釣りをしました。いつものポイントで釣れたのは3cmぐらいの超ミニサイズでがっかり、ポイントをオノクリの灯浮標に移しました。しかし、風がきつくアンカリングが思うように出来ず、仕方なく浮標に直にロープをくくりつけ調子よく釣れました。ところがいつの間にか海上保安庁が来まして、注意を受けました。シマッタ罰金かと思ったのですが、注意だけで済んでラッキーでした。以前、救命胴衣を積み忘れて10万円の罰金を払った事があったので、ヒヤッとしました。
7月5日の釣果1 7月5日の釣果2

それにしても、アジのサイズはバラバラで3cmから23cmまでとメバルのかわいいのが良く釣れました。
7月5日の釣果3 7月5日の釣果4

今日でボートの紹介は終わりです。 船体に仕掛けてあるロープは一人で車に積み込むための魔法のアイテムです。
マイボート紹介 5-1

船尾側からです。トランサムドーリーは、鉄工所でステンレス製の部品を加工してもらい自作しました。 図面は次のアドレスを参考にさせてもらいました。http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kigetu/fishart/bigdipper2/dory.htm
マイボート紹介 5-2   マイボート紹介 5-3

船先側からです。フェンダーは左舷に2つ取り付けてあります。
マイボート紹介 5-4
車に乗せた状態です。 釣りバカのネームラベルを貼り付けました。 下段は浮かべた時用です。 どこかで見かけたら、合図を下さい、ブログを見ているよと
マイボート紹介 5-5  マイボート紹介 5-6  マイボート紹介 5-7

場所をとるのでオールはゴムボート用の物を使用
マイボート紹介 4-1

小型竿受けを取り付けるのに船体にゴムを貼り付けました。
マイボート紹介 4-2

100均ショップで買ったメジャー付きのまな板が魚の寸法を見せる時に便利です。
マイボート紹介 4-3

軽ワンボックス車内の積載状況 船外機スタンドを車内の寸法に合わせて、自作しました。 船外機が複雑な構造なので、スタンドとの噛み合わせに苦労しました。
マイボート紹介 4-4   マイボート紹介 4-5   マイボート紹介 4-6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。